【仕事の属人化をなくす!】チームみんなのために仕事の属人化を排除

ある程度長いこと同じ仕事をしていると、自分にしか出来ない仕事って出てきますよね。このような仕事は「属人化した仕事」「属人性の高い仕事」などと言われ忌み嫌われます。

では「属人化」にはどのような問題があるのでしょうか?

今回は属人化した仕事の問題点と改善方法について書いていきたいと思います。

自分のタスクがどんどん増える

仕事をしていると余裕のある時期だけでなく、システムのリリース前など忙しい時期もあると思います。そのような繁忙期にはどんどん新しいタスクが割り振られてきますよね。


もし属人化したタスクを抱えていた場合はどうなるでしょうか?

新しいタスクも既存のタスク(属人化したタスク)も全て自分でやる必要があるため、仕事がオーバーフローを起こして回らなくなってしまう可能性があります。

また自分自身が病気で休んでしまい、タスクが処理できずに致命的な問題を引き起こしてしまうことも考えられます。私の過去の体験で、リリース作業を特定の人に任せていたため、担当者が休んでリリース延期せざるを得なくなったという事がありました。

他の人でも対応できるように

そういった状況を見越して既存のタスクについては、他の人でも対応できるように準備しておくと良いですね。

ちなみにタスクが他の人でもできるようにしておくには、下記のような方法が考えられます。

  • タスクの手順書を用意しておく
  • 普段から他メンバーと一緒に作業を行うようにする

自分に求められている仕事は?

それなりの年齢と給与にもかかわらず、新入社員でも対応できるレベルの仕事を抱えている人がいます。

しかし会社では年齢や給与に見合った仕事が求められます。仕事を行う場合は「今の自分の年齢・給与で求められている仕事は何なのか?」を意識する必要があります。


更に言えば会社は社員に対して、後輩(部下)の育成についても期待しています。人材の育成がなければ会社が成長していかないですからね。

なので全ての仕事を自分で抱え込むのではなく、容易に出来る仕事は勉強の意味も含めて後輩(部下)に任せて、自分は更に高度な仕事を担当すると良いですね。

エンジニアなら...

いつもやっている定型業務などはありませんか?

そのような定型作業は手順書を作るのも一つの方法ですが、エンジニアであればツールを作成して定型作業を簡易化するという事もできますね。

ツールにより作業時間を減らすことができますし、他の人に簡単に引き継ぐことができるようになります。

私の場合は、面倒作業はエクセルマクロやC#アプリなどで作業の簡易化を積極的に行っています。

これはエンジニアならではの方法ですね。

おわりに

たくさん仕事を抱えていると充実感を感じる人もいるかもしれません。しかし自分だけで仕事を抱えてしまうと、トラブルの元になる可能性もあるので良くないですね。

たまにタスクを見直して「これ属人化しているな~」とか「これ後輩にもできるな~」というものがあれば、なるべく他の人に振るようにしていくと良いと思います。


なるべく楽して仕事しましょう(ボソッ)