【ちゃねこのりれきしょ-序章】6年で年収を2倍にしたエンジニア

どうも、皆様こんばんは。

「へっぽこエンジニアのお仕事改善計画!」の管理人ちゃねこと申します。

当サイトへご来訪いただきありがとうございます。

これまで当サイトでは仕事関連の記事を書いてきましたが、記事を読まれた方の中には「ちゃねこってどんな人?」と疑問に思われた方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は簡単な自己紹介、また次回からは詳細な経歴について書いていきたいと思います。


7(ナナ)
ではまず簡単な自己紹介から!

どんなエンジニア?

WEBエンジニア

某企業でWEBサービスの設計、開発、運用などを担当しています。いわゆるWEBエンジニアですね。

開発についてはバックエンドをメインで担当です。フロントエンド(HTML、CSS、JavaScript)の開発は苦手なのであまり関わらないようにしています(笑)

過去に経験した言語はJava, C#, rubyなどです。

データベースエンジニア

またWEBエンジニアであるとともに、データベース関連の業務も担当しています。仕事としてはテーブル設計や、現行システムで使用しているデータベースのパフォーマンスチューニングなどですね。

会社の規模は大きいのですが、チーム自体が小規模なのでデータベース専任のエンジニアがいません。そのためデータベースに詳しい私が面倒を見ることになっています。

過去に触ったことのあるデータベースはMySQL, Oracle, SQLServerなどです。

持っている資格は?

IT系の資格については以下のものを所持しています。


■公的資格

  • 基本情報処理技術者
  • ソフトウェア開発技術者(現 応用情報技術者)

■ベンダー資格

  • Oracle Master Gold(現 Silverレベル)
  • Java認定資格(J2SE,J2EE)
  • OMG認定UML技術者資格試験(ファンダメンタル)

なんか証書と一緒にもらったカード



エンジニアとしては結構資格を持っている方ではないでしょうか?

「なぜこんなに資格を持っているのか?」については次回以降で触れていきたいと思います。

現在の会社は?

私は現在、中部地方の製造業を営む企業で働いています。従業員数はだいたい3000人くらいですね。

今の会社は働きやすい環境作りに積極的に取り組んでおり、かなりの優良会社だと思います。


■現在の会社のいいところ

  • 社員教育に熱心
  • 福利厚生が充実
  • 残業は月20時間程度
  • 専門職としてのキャリアパスがある
  • エンジニア-30代中盤で年収700万


システム開発だけでなく新技術の研究などもやらせてもらえるため、エンジニアとしては申し分ない環境です。

7(ナナ)
エンジニアにとっては垂涎ものの環境だね

ちゃねこの職歴は?

転職回数

私はこれまでに2回転職をしています。

22歳で就職をして、24歳で1回目の転職、27歳で2回目の転職をしました。つまり今の会社が3社目です。

27歳の時点で2回転職なので、一般的な27歳と比べて転職回数は多い方かもしれません。1社目、2社目ともに3年も働いていないですからね。

年収

年収については、1社目(1年目)が260万、2社目(1年目)が360万、3社目(1年目)が550万でした。現在は順調に昇給して700万超えです。

タイトルにあるとおり年収は22歳260万から27歳550万でほぼ倍になっています。まぁ最初の会社の年収が低すぎですね(笑)

会社の規模

各会社の規模は、1社目がダメ企業、2社目が中小企業、3社目が大企業といったバラエティに富んだ内容です。
※なぜ1社目にダメ企業の詳細については今後の記事を読めば分かると思います。

7(ナナ)
この記事のちゃねこの画像に影が掛かっているのも、次の記事で意味が分かるよ!

自己紹介の目的

今回から数回にかけて経歴についての記事を書く目的は、以下のような理由です。

ブログの信頼性

これまでいくつかの記事を書いてきましたが、素性の知れぬ人間の書いたものでは信用するのは難しいのではないかと考えました。私自身がネットから情報を得る場合でも、よく分からない人間の書いた記事では信用できないことがありますからね。

私のこれまでの経歴を紹介することで、「ちゃねこは昔こういう経験をしたから、こういう考え方をするんだ」と理解していただけるのではないかと思います。

体験が役に立つかもしれない

世の中にはエンジニアを安い給与や長時間の労働を課して使い捨てにする企業も存在します。そういった企業(いわゆるブラック企業)は直ぐにでも辞めた方が良いと思います。

しかし「どのように転職活動をしたら良いか分かない」や「自分に転職先が見つかるか分からない」といった考えから、ズルズルと働き続けてしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで私のこれまでの行動や考え方が、就職・転職で悩んでいる人の手助けになるのではないかと思い、過去の経歴を書くことにしました。

私の記事を読んだ人に少しでも良い影響を与えられればと思います。

おわりに

それでは次回から本格的に経歴を書いていきたいと思います。

題して「頭がゆるゆるな大学生がホワイト企業の社員になるまでの軌跡」です。

7(ナナ)
よろしくお願いします!

◆ NEXT ◆