【ちゃねこのりれきしょ2】ブラック企業 VS ブラック新入社員

7(ナナ)
新卒採用でいきなりブラック企業に転落してしまった可哀想なちゃねこ(自業自得だけどね)

入社したブラック企業T社ではどのような試練が待ち構えているのか?

ちゃねこのりれきしょ第二幕スタート!

T社の内情

T社といえばITブラック四天王の一角としてその筋では有名な企業。私が在籍していた頃のT社の内情を、覚えている範囲で書いてみたいと思います。

ただの派遣会社

IT企業を謳っておきながら実際には派遣先に人を送り込んで稼ぐだけの派遣会社

基本的には「人の増加=売上の増加」なので、適当に採用活動をやって人を大量に獲得するんですね。だから私のようなアンポンタンでも入れてしまうわけです。

ちなみに私達の代も1支店で新入社員が20人くらい採用されました。しかしこの頃は不景気で派遣先がなかったため、半年くらいは全員がコストでしかなかった訳ですが…

超薄給

前回も書きましたが給与はめちゃくちゃ安いです。

1年目で年収260万、3年目でも300万届かず…昇給が年500円ですからね。私が今いる会社の昇給が年10,000円なので雲泥の差です。

月給はたしか18万くらいでしたね。「月給は別に普通かな」と思うかもしれませんが、ブラック企業をなめてはいけません。基本給と技能給で分かれており、内訳が基本給10万と技能給8万になっています。

これの何が問題かというと、賞与は「月給の2か月分」ではなく「基本給の2か月分」になります。つまり賞与は40万くらいなのかと思いきや、実際は20万だったりするわけです。

7(ナナ)
ブラック企業って(ある意味)天才だね

そのころ私は実家暮らしだったので大丈夫でしたが、一人暮らしの人は生活できないんじゃないですかね?

PCは複数人で一台

PCは一人一台ではなく複数人で一台のPCを共用していました。一人一台あるのは総務部と管理職の人だけ。

これでIT企業と公言して憚らないのだから恐れ入ります。まぁただの派遣会社なのだからしょうがないですね。

私たちの研修の時も三人で一台のPCしかなかったので、一人がプログラムをやっている時は、二人はフローチャートを書くなどの涙ぐましい努力をしていました。

経歴偽装

私たちを派遣先に送り込むために、派遣先に経歴書を送り面談をしてもらいます。しかし私たちのような技術も経験もない新人は使い物にならないため、経歴書を送った時点でお断りされることがよくあります。

実際にお断りをされた後で、同じ会社に別の人(新人)の経歴書を送る時に、上司がこのようなことを言うのを耳にしました。

上司
新人だと採用してくれないから、経歴書の開発経験を3年に変えちゃお♪

この会社にいると罪悪感というものがマヒしてしまうのかもしれません…

定時後集まってね、もちろん無給で

こっちは派遣先で忙しく働いているにもかかわらず「勉強会やるから定時後に会社に集まれ」などとぬかします。しかも「勉強会の時間は自己啓発なので無給ね♡」とかふざけてんのかと。

私は「面倒」「疲れている」「自分の勉強に時間を使いたい」といった理由から、「仕事が忙しくて行けませ~ん」と伝えて2年間で一回も出席しなかった訳ですが。

7(ナナ)
サービス残業は違法だから従う必要ないもんね

過酷さは派遣先次第

残業が多くて過酷だと言われていましたが、私それほどでもありませんでした。これはたぶん派遣先によるでしょう。

実際に時間外(残業ではない)が120時間越えという派遣先もあったようです。私は残業が多い月でもせいぜい60時間くらいでしたから楽な方ではないでしょうか。

先輩社員

私が入社したころは不景気だったため、派遣先からつっかえされた先輩社員が社内にたくさんいました。

前回の記事で「ただの派遣会社なので技術力は皆無」と書きましたが、まともで技術力のある先輩社員も稀にいます。

「なんでこんな会社にいるのかな~」と不思議に思いますが、きっと私と同じような境遇なんじゃないでしょうか。

新卒採用の場ではアピール力がないと採用されることはなかなか難しいです。おそらく能力があるにもかかわらず、その能力をアピールできずにT社に堕ちてしまったのではないでしょうか。

こうゆう先輩社員にはなんか親近感がわきます(笑)

グループ会社がめっちゃ多い

この会社ですがグループ会社が数十社あります。しかし会社名が違っても実態は同じ。基本は派遣ですし給与は安いことに変わりはありません。
※私の経歴はT社としていますが、正確にはT社ではなくT社のグループ会社でした。

名前を見ただけではグループ会社だと分からないことが多いので、就職活動している人は気を付けないとひっかかります。

派遣先がないので研修漬けの日々

ブラック企業とはいえ、とりあえず社会人生活が始まりました。

うわさのブラック企業へ入社!

社内失業状態

しかし残念ながら仕事はありません。不景気だから仕事がないんです

T社は基本的に人を派遣して稼ぐ会社なので、派遣先が決まらないことにはやることはなし。なので半年間の入社前研修に引き続き、入社後も研修が継続されることに。

入社前はマナー研修とプログラム研修が半々でしたが、入社後はデータベースやプログラム関連など実務に関連する研修がメインでした。早く派遣先に送り込みたいので会社も必死なんですね。

テスト用のデータベースのデータをSQLで操作したり、サーバサイドアプリからデータベースにアクセスしたり、開発の基本的な知識を身につけていきます。

この研修の間にもいくつかの派遣先と面談をしますが、7月になっても派遣先が決まらず。研修もだんだんやることがなくなってきました。

仕事中に同僚と遊び始める

研修もやることがなくなってくると、一日の半分くらいが書籍での勉強などに費やされます。が、当然ですが徐々に飽きてきました。

私の同期はとても仲がとても良かったこともあり、ついには仕事中に遊び始めてしまいます


■新人の頃の問題行動(ほんの一部)

  • 仕事中にどっちが早く飲み物を買ってこれるか同僚と競争をする
  • 仕事中にマインスイーパーで同僚と勝負する(一日中)
  • 仕事中に「シャワー浴びてくる」といって、ウォッシュレットのトイレにこもって居眠り
  • 仕事中に同僚のPCのデスクトップの画面キャプチャを壁紙にして驚かして大笑いする
     ※アイコンが動かせなくなるのでビックリします

私自身このような新人時代があったので、新入社員に対してあまり厳しいことがなかなか言えません(笑)私たちのようなダメ社員はそうそういないでしょうけど。

7(ナナ)
ブラック企業に対抗するにはブラック社員だ!

資格取得の勉強

ちなみに書籍を読むだけでは何も成果にならないため、主に資格の勉強をさせられていました。

社員が資格を持っていると派遣先に売り込みやすいので、T社は積極的に資格を取らせようとするんですね。特に基本情報処理については、半年で取得できないと土曜日に研修を強制的に受けさせられることになります(もちろん無給)

T社の唯一の良いところとして、資格試験に合格した場合には受験料が支給されます。ちょうどいいので私もここぞとばかりに資格取得の勉強をします。

結果として、半年くらいで基本情報処理OracleMaster(Gold)の資格を取得することができました。

この頃は通勤時や帰宅後など、めちゃくちゃ勉強した記憶があります。全ては会社のためではなく転職のためでしたが。

7(ナナ)
土日はゲーム三昧だったけどね

ついに派遣先が決定!

そうこうしているうちに8月になり、私たち新入社員もようやく派遣先が決まり始めました。一緒に研修を受けていた同僚も徐々にいなくなっていきます。

私もいくつかの会社に面談に行き、その中のH社という会社に派遣が決まります。このH社に新人の私一人で派遣に行くこととなりました。

この会社の面談には先輩社員3人と新入社員3人で面談に行ったのですが、面談に同行した営業の人も、まさか私(新人)一人が採用されるとは思っていなかったみたいです。

おそらく私が既に資格(特にOracleMaster)を持っていたことがアドバンテージになったのではないかと思います。この会社ではデータベースとしてOracleを使っていたので。

あと面談で軽くジョークを飛ばしてみたら、思いのほか役員が食いついて気に入られてしまったようです(笑)


こんな感じで半年間の研修からようやく解放され、まともな仕事ができることになりました。

7(ナナ)
ようやく派遣先が決まって一安心のちゃねこ。

しかし資格をいくつか取ったものの経験は0の状態、しかもフォローしてくれる先輩社員もなし。

完全アウェーな派遣先H社でうまく立ち回ることができるのか?


◆ NEXT ◆