【ちゃねこのりれきしょ6】希望に満ちた転職から転落へ

7(ナナ)
新卒で入ったブラック企業をようやく抜け出すことができたちゃねこ。

転職したI社では望み通り上流工程に携わりスキルアップができるのか?

ちゃねこのりれきしょ第六幕スタート!

I社の内情

よろしくお願いしま~す。

T社を転職して仕事をすることとなったI社。その内情を書いてみたいと思います。まぁ知名度の低い小さな会社なのでサラッと。

会社概要

社員数は30名程度の小さな会社。いわゆる中小企業です。

構成としては業務系パッケージソフト開発×2チームと、受託開発×1チーム、あと営業×1チームの計4チーム。


小さい会社のため、比較的個人の意見は通りやすかった気がします。社長も同じフロア内に席がありましたからね。社内政治のようなものもなく、仕事を進める上での障害はほとんどありませんでした。

逆に小さな会社なので、仕事を進める上で発生する雑用を自分自身でやる必要がありました。例えば契約書、請求書の送付や備品の購入などですね。

この辺りは大企業、中小企業のどちらも良い点・悪い点があるので、どちらの方が良いとは一概には言い難いです。

待遇

給与は転職時の面接で提示された通りの360万程度。ボーナスは基本給の2か月×2回(約80万くらい)となり、ようやく普通の会社くらいでしょうか。

中小企業なので福利厚生は良いとは言えませんでしたが、あまり期待していなかったので特に問題ではありません。

社員の質

上流工程に関しては高度なスキルを持った人がたくさんいました。

特に管理職については会計や勤怠についての業務知識が豊富で、コミュニケーション能力に優れており、顧客からの信頼も高かったです。


しかしながら技術力のある人がいるようには感じられませんでした。全くいないというわけではありませんが。

ですが「パッケージソフトを自社で開発している会社にしては、技術力のある人が少なくないか?」というのが個人的な印象です。

7(ナナ)
この理由は後ほど分かるよ

I社での仕事開始!

いきなり展示会のアテンド!?

転職後の最初のあいさつも終わり、いよいよI社での仕事が始まりました。

私の担当はI社で販売している業務系パッケージソフトの開発のカスタマイズの担当。ちなみにこのソフトのチームは私を含めて4名ほどでした。(以下、このパッケージソフトのことをSWI(Software I)とします)


「さあ、バリバリ仕事をやるぞ!」と意気込みますが、まずはSWIをくまなく触ってみることが最初に与えられた仕事でした。どのようなソフトウェアなのか分からないと開発もできないですからね。

とりあえず「どんなソフトかな~」などと2日くらいSWIを触っていたら、上司から突然こんなことを言われました。

上司
ちゃねこさん、今週の金曜日にSWIの展示会があるからアテンドよろしく

心の中は「はぁ?何言ってんの?」ですよ。まだ入って一週間もたっておらずSWIの仕様すらわかっていないのに。


とはいえSWIチームは人が少なく他に行ける人はいないですし、「小さな会社だとこういうもんなのかな?」と自分を納得させ、SWIのマニュアルを読んだり動作させながら仕様を必死に頭に叩き込みます。

で、アテンドに挑みますが当然のことながら撃沈。これまで一度もアテンドなどしたこともなくSWIの仕様もほとんど分からない状態だったので、お客さんからの質問にもほとんど答えることができません

しかし入社早々「使えないヤツだ!」と思われるのも嫌なので、4時間ほどのアテンドをなんとか乗り切りました。

展示会の来場者から気になる言葉が...

そのアテンドの最中なのですが、来場者の一人から気になることを言われました。内容は以下のようなものです。

来場者
「御社のSWIって、X社が出しているSWXに似ていますね」

私はX社という会社もSWXというソフトウェアも知らなかったので、「そうなんですか~?知りませんでした~」と言うような返答を返すしかありませんでした。


会社に帰ってからネットでSWXというソフトウェアについて調べてみました。そうしたら...確かにSWIに似ています。使われているアイコンなどは違いますが、機能や操作は全く同じ

少し気になったので同じチームのTさんにSWXというソフトウェアについて聞いてみることに。

SWIは自社開発ではなかった

SWIはOEM!

私が質問すると、Tさんは「実は…」と以下のようなことを話してくれました。

Tさん
実はうちの会社で販売しているSWIはOEM製品なんですよ。

そうなんです。SWIP社という会社が開発したソフトウェアであり、I社はそれを自社ブランドとして販売していたんです。

つまりアテンドの時に聞いたSWXというソフトウェアも、P社が開発したソフトウェアをSWIと同じように自社ブランドとして販売していたんですね。

開発はP社、I社は販売のみ


I社の社員は30名程度で、SWIのチームメンバーは4名。入社当初は「この人数でどうやってSWIのような多機能なソフトウェアを作っているんだろう?」と不思議に思っていましたが、ようやく謎が解けました。

つまりI社のSWIはソフトウェア自体の販売で儲けるというよりも、SWIのカスタマイズやサポートで儲けるビジネスモデルだったんですね。

P社から提供されるソフトウェアのソースコードは大部分が暗号化されており、見ることができるのはカスタマイズが許可されている一部のみ。技術的な勉強になりそうなコア部分のソースコードは見ることができません

入社前は「SWIを開発しているのならI社の技術力は高いんだろう」と信じ込んでいました。しかしSWIを自社で開発していないという事は、I社の技術力はあまり期待できないということです。

またこれか...

会社に対する不満が膨らみ始める

サポート業務ばかり

SWIの開発業務が徐々に増えてきましたが、大部分がサポート業務です。例えば、導入が決まった会社にSWIをインストールしに行ったり、使い方などを担当者に教育したりなど。

また過去にSWIを導入した会社からの問い合わせなども来るため、それらにも対応する必要があります。そしてこれらの仕事の多くが人が少ない & 勉強という名目で私に降りかかってきます

この頃は仕事が全然面白いと思えませんでした。せっかくキャリアアップのために転職したのに、実際にはサポート業務ばかりでしたからね。

関係ない雑用を押し付けられる

私が入社して間もないことと年が比較的若いからなのか分かりませんが、頻繁に雑用を押し付けられます。

「PCのパーツをO須(中部地方の有名な電気街)まで行って買ってこい」とか「PCの見積もり取っておいて」とか。

自分が使うものならともかく、なんでこんな雑用をしないといけないのか意味が分かりません。特にパーツであればネットで購入すれば良いと思うんですが。

残業代が…

ぶっちゃけてしまうとI社は残業代を全額払っていませんでした。社長は「残業で稼ぐ人がいるので残業代を減らし、社員をしっかりと評価してボーナスで還元する」というようなことを言っていましたが、これって違法なんですよね。

そもそも定時内で収まるような仕事量ではないのに、残業で稼ぐ人がいるとかどの口が言ってんのかと。


働き始めてまだ半年ほどでしたがI社に対する不満が膨らみ始め、「もしかして転職失敗しちゃったかな?」という不安が頭をよぎり始めます。

要件定義の仕事も振られる

上流工程がやらせてもらえるようになったが

そしてI社に入ってから1年ほどして、ようやく要件定義の仕事が回ってくるようになりました

要件定義などの上流工程は自分の望んでいた仕事でしたが、今まで開発業務ばかりで要件定義など全くやったことがないため、どういった切り口でお客さんと話を進めていけば良いのかサッパリ分かりません。

そんな状態で仕事を進めてしまうためプロジェクトのほとんどで失敗してしまいます。

私としてもこのまずい状況をなんとかしたいのですが、どうすれば良いのか見当もつきません。悪いところが分かれば改善することもできますが、それが分からないんですね。つまり「分からないことが分からない状態」です。


上司にも仕事の進め方について相談してみますが、上司からの助言もほとんど理解できません。

自分でもコミュニケーション関連の書籍を読み漁ったりネットで調べたりしてみますが全く成果は出ず。だんだんと「この仕事向いていないのかも…」と自信がなくしていきます。

仕事での失敗が続いたことにより社内の目も気になり始め、徐々に会社に行くのが憂鬱になっていきました

働きたくないでござる


7(ナナ)
転職した中小企業で自信を失いつつあるちゃねこ。

はたしてちゃねこ自信を取り戻すことができるのか?


◆ NEXT ◆