[iOS]スイッチコントロールの設定で分かりにくいところのまとめ

少し前の記事でリモコンをスイッチコントロールに登録する記事を書きました。コレね↓


実際にスイッチコントロールを設定してみると「分かりにくいなぁ」と思えるところや、「あれ?動かん...」といったハマりポイントがいくつかあったんですよね。

今回は私がスイッチコントロールを設定した際に分かりにくいと思ったところをQ&A形式で書いてみたいと思います。


Q
スイッチコントロールってそもそも何?
A
外部リモコンのボタン操作などでiPadやiPhoneが操作できる機能のこと

はい、Answerの通りの機能です。公式サイトにも書いてありますね。
スイッチコントロール

これだけでは芸がないのでもう少し具体的に。


スイッチコントロールで登録できるソース(入力元)は外部画面カメラの3つのカテゴリに分かれており、Bluetoothリモコンなどのデバイスはもちろんの事、画面タップや顔を左右に動かすといった動作もスイッチとして登録できます。

なのでソース設定画面ではカテゴリを選択した後、下記のように分岐することになります。


外部のカテゴリではBluetoothリモコンのボタンなどがスイッチとして登録できます。詳細な設定方法は以前の記事で詳しく書いたので今回は省略。

画面のカテゴリではiPadやiPhoneの画面タップをスイッチとして登録することができます。

NENE(ネネ)
画面上のどこをタップしても同じアクションになるから使いどころがいまいち分からん

カメラのカテゴリでは自分の頭を左右に動かした時の動作をスイッチとして登録できます。

7(ナナ)
ページめくりに使えそうな雰囲気だけど頭が疲れそう...

※リモコンの利用を考えている人はとりあえず外部のカテゴリだけ知っておけばOKです。


ソースを設定した後は、スイッチを実行した際にどのような動作を行うか?のアクション設定をします。設定できるアクションとしては、大きく分けてハイライトに対する動作特定処理の実行の2つです。

ハイライトに対する動作とは、表示されているハイライトを止めたり、ハイライト表示を次に進めたりできます。

ハイライトに対する動作


また特定処理の実行としては、ホームボタン押下や音量の上げ下げを行ったりします。

特定処理の実行


スイッチ設定の概略を表現するとこんな感じ↓


簡単な操作であればスイッチ登録しただけで可能なんですが、スイッチ登録だけでは画面上の任意の場所をタップしたりスワイプを行うなどの操作はできません。複雑なタッチ操作を行いたい場合は更にレシピを作成する必要があります。



Q
ハイライトって何?
A
操作可能な場所に出てくる数秒間隔で移動する青い枠
先ほどのQ&Aにも出てきましたが、ハイライトというのはスイッチコントロールを初めてONにした時に出てくる青い枠のことです。ハイライトは操作可能な場所に表示され数秒間隔で移動していきます。

ハイライトは操作可能な場所に表示される青い枠

枠は操作可能な場所を数秒間隔で移動していく

スイッチ登録の際にハイライトに対する動作のアクションを設定すると、ハイライトに囲まれたアイテムをタップしたり、ハイライトの表示場所を次に進めたりなどの操作が可能です。

ちなみにハイライトの色や移動間隔などは設定で変えることができます。



Q
スイッチコントロールをONにするとハイライトが出てくるけどうっとおしくない?
A
レシピを使う場合は出てこないので問題なし ※例外あり
スイッチコントロールを初めてONにするとハイライトが出てきて「なにこれ、リモコンで操作したいだけなのに毎回こんなん出てくるの?うっとおしいなぁ...」と思いませんでしたか?私は思いましたw

ではこのハイライトは毎回出てくるのか?という事ですが、レシピを使う場合は基本的に出きません。


スイッチ登録のみだとハイライトに対する動作が主な処理になるためハイライトが表示されてしまいます。しかしレシピを使う場合はハイライトに対する動作がメインではないためハイライトは表示されません。

ただし例外があります。レシピ登録時のアクションに「項目を選択(自動ハイライトを有効)」を設定するとハイライトが表示されてしまうので注意してください。

赤枠のアクションを選択するとハイライトが表示されてしまう



Q
アクションを設定する場所がスイッチ設定とレシピ設定の両方にあるけどどーゆーこと?
A
レシピを使う場合はスイッチ設定で設定したアクションは無視されます
私もスイッチコントロールを設定する際、スイッチ登録でアクションを設定したのに、再度レシピ登録でアクション設定が出てきたことに戸惑いました。「レシピを使う場合はスイッチ登録時に設定したアクションはどうなるんだろう?」って。

結論としてはAnswerの通りレシピを使う場合はスイッチ設定で登録したアクションは無視されます。


スイッチ設定とレシピ設定の関係を画像で表すとこんな感じ↓

レシピを作成していない場合やレシピを選択していない場合は、スイッチ設定でセットしたアクション(上図のオレンジ枠)が実行されます。レシピを選択している場合は、レシピ設定でセットしたアクション(上図の紫枠)が実行されます。

なのでスイッチコントロールでレシピを使用する場合には、スイッチ登録時のアクションは適当なものをセットしておけばOKです。以前の記事でも書きましたが、私の場合は全スイッチに対して「ハイライトを停止」をセットしています。



Q
レシピを作成してレシピを選択したんだけど思った通りに動かないよ...?
A
スイッチコントロールのON/OFFを切り替えないと選択したレシピは適用されない
これなんですが私はめっちゃハマりましたw

レシピが1つでも作成されていると、レシピ設定画面に「レシピを起動」というボタンが表示されます。レシピを作成した後はここで使用するレシピを選択します。

しかしここでレシピを選択したにも関わらず、何故か選択したレシピ通りの動作しないんですよね...

「なんでかなぁ~?」といろいろ調べてみた結果ようやくわかりました。どうやらレシピを選択してもスイッチコントロールを再起動(OFFにしてからONにする)しないと選択したレシピに切り替わらないようです。

おそらくスイッチコントロールがONになったタイミングで選択レシピが読み込まれるんでしょうね。ちなみに使用中のレシピの設定を変更した場合もスイッチコントロールの再起動が必要なようです。

もしレシピを使う際に「うまく動かないな...」と思ったら、一度スイッチコントロールを再起動してみてください。



Q
ホームボタンの3回押しでスイッチコントロールが切り替わらないんだけど...?
A
設定画面でスイッチコントロールを一度ONにした状態でないと使用不可
スイッチコントロールはホームボタンを3回押すことで、設定画面を開かなくても簡単に切り替えるショートカットが使用できます。

しかしこのショートカットなのですが、設定画面で一度スイッチコントロールをONにしないと使えないようです。

スイッチコントロールのON/OFFボタン

また設定画面でONにすれば以後はショートカットが使えるのですが、設定画面でOFFにしてしまうとショートカットが使えなくなってしまうので注意が必要です。

なのでスイッチコントロールを頻繁に使用する人は、最初に設定画面でスイッチコントロールをONにしたら以降はショートカットだけでON/OFF切り替えを行った方が良いです。

7(ナナ)
そういえばiPhoneXはホームボタンがないけど、スイッチコントロールのショートカットってどうしてるのかな?

おわりに

というわけで今回はスイッチコントロールの分かりにくいところや私がハマったところをまとめてみました。

もし同じようなところで疑問に思った人や、設定が上手くいかない人は参考にしてみてください。


それでは (^-^)ノシ