新型コロナが怖いならとりあえず鼻呼吸に変えてみてはどうか

最近はテレビでもネットでも新コロの話題ばかりでうんざりですね。ついに緊急事態宣言も発令されましたし。

たしかに未知のウィルスなので不安は多々あります。そこで今回は新コロへの対策の一つとして口呼吸から鼻呼吸へ変えることを提案したいと思います。

鼻呼吸でのおかげ(?)で健康体

昔、何かの本かサイトで「口呼吸より鼻呼吸が良い」というような話を見たことがあって、私も結構前に鼻呼吸に変えたんですよね。

もともと鼻炎持ちだったため鼻で呼吸するのはかなり大変でしたが、無理やり口を開かないようにして苦労して矯正しました。 その結果今では鼻炎も治り、あまり風邪をひかない健康体になりました。まぁ鼻呼吸に変えたことによる効果かどうかは証明できませんけど...

というわけで鼻呼吸についてもう少し詳しく知るためにこんな本を読んでみました↓

口呼吸のデメリット、鼻呼吸のメリット

この本によると口呼吸をしていると喘息、鼻炎、花粉症、アトピー、インフルエンザ、うつ...etcといった様々な病気のリスクを高めるのに対し、鼻呼吸に変えることでこれらの病気を改善することができるとのこと。

理論を抜粋するとこんな感じです↓

病気の元を体内に侵入させない
口で行う呼吸にはフィルター機能がないため、花粉・細菌・ウィルスなどが体内に侵入しやすい。
そのため花粉症や細菌やウィルスが体内に入り病気になりやすくなる。
鼻呼吸に変えることにより花粉症や細菌やウィルスが体内に侵入するのを防ぐ。

免疫力を向上させる
口呼吸にはフィルター機能がないため大量の異物が体内に侵入してしまう。
異物が大量に体内に侵入すると、免疫システムが働き通しとなり免疫システムがダウンしてしまう。
鼻呼吸に変えることで異物の侵入が少なくなり免疫システムを正常に保つことができる。

他にも口呼吸のデメリット、鼻呼吸のメリットが理論も合わせてたくさん書かれていますが、収集がつかなくなるので省略しますw

日本人の7-8割が口呼吸 をしているとされていますが、この本を見る限りでは口呼吸にメリットはないので、口呼吸をしている人はなるべく鼻呼吸に変えた方が良さそうですね。特にお金をかけることもなく個人の意思だけで簡単にできる疾病予防ですし。

個人的な鼻呼吸のデメリットとしては臭いのキツイ場所が辛いことかなぁ。夏場の人の体臭とか。そういう場合はしょうがないので一時的に口呼吸に変えていますw

鼻呼吸で全て解決ではない

というわけで口呼吸をしている人は鼻呼吸に変えたほうが良いと思いますが、当然のことながら「鼻呼吸をしていれば新コロも全然怖くない!!」という考え方は危険です。

鼻呼吸により飛沫感染リスクや免疫機能向上による発病・重症化リスクが下がることが期待できると思いますが、経口感染にはやはり手洗いなどが重要になるでしょう。

つまり鼻呼吸をしていれば他の対策をしなくても良いというものではなく、鼻呼吸に変えることで新コロに対する防御を一つ増やすことができると考えた方が良さそうです。

大変だけど何とか乗り越えていこう!

新コロ対策って少し考えてみると今回紹介した鼻呼吸以外にもいろいろとやれることってあると思うんですよね。

例えば、手洗いの効果を高めるために爪を短く保つとか、電車など不特定多数の人が集まる場所ではむやみにものを触らないようにするとか、免疫力を低下させないためにタバコを止めるとか。



新コロがいつ頃収束するかは現時点では全く予想ができませんし、政治家の会見などを見る限りは政治家も全くあてにならない状況。

それなら何かをあてにするのではなく個人で出来る事を粛々とやってこの苦境を乗り越えていきましょう!




ちゃねこ
新コロが収束したら、きっといろんなところへ旅行に行くんだ...
NENE(ネネ)
死亡フラグ立てんな